過払い金 時効

過払い金請求の時効は何年か

 

過払い金の請求はいつまでもできる訳ではありません。返還を請求できる期限に時効があります。その基準となるのは最終に返済した日から10年です。この10年を経つと、過払い金の返還請求の権利が消滅してしまします。従って、10年以内に手続きをすることをおすすめします。

 

過払い金の返還請求で相談のポイントとなるのが中断の有無と時期です。中断とは一旦、全額を返済して、その後、新たな借り入れを行ったことを指し、その中断の期間によって返還金額も変わってきます。

 

例えば、中断でも再契約することなく、利用限度額をそのまま残していた場合は一連の取引とみなされますが、新たな契約を結ぶと、その契約以降の分で過払い金の発生が計算されることがあります。

 

この中断の取り扱いに関しては裁判所の解釈も分かれるところがあり、また金融会社も完済前の利用については対象から外すよう交渉することもあります。先の時効の期限は完済した日から10年です。

 

また、中断と言われる完済後に借り入れしていない期間を同じ契約とみなすかどうかは、概ね1年が基準になります。全利用期間の中に中断の時期が含まれているのか、否か、弁護士や司法書士に相談の上で利用明細書や契約書を確認しておきましょう。

 

加えてクレジットカードにもキャッシング機能もあり、これも対象となることがありますが、こちらは同じカードで利用していることが多いので、一連の利用とみることができます。

 

要は契約書の中に答えがあります。通常、延滞していない限り、カードローンの会員資格は更新されます どのような契約内容の利用であったのか、金融会社に開示請求を出せるので、思い出せない場合も弁護士や司法書士で対応してもらえます。

 

過払い金の返還については年々、金融会社の対応も厳しくなっています。時効の期限に限らず、過去に利用がある方、特に貸金業法が改正させる前の利用については過払いの発生の可能性が大ですので早めに相談することが大切です。