過払い金 プロ 依頼

過払い金請求はプロに依頼するのが近道

 

過払い金というものは本来であれば支払う必要性がなかったにも関わらず、貸金業者に対して支払い過ぎた利息分のことです。貸金業者が融資を行うときに適用される法律としては利息制限法というものがあるわけですが、利息制限法においては金利の上限が15%から20%までと決められています。

 

消費者金融業者やクレジットカード会社においては、この利息制限法で定められている金利の上限を超えた利息を付けることは法律上の権利がないですので、法律で決められている金利を超える利息を支払っているときには、過払い金として取り戻すことが可能です。

 

また、払い過ぎている利息分がすでに借り入れを行っている元本そのものを超えているときには、支払いの超過分を貸金業者から融資を受けている借り入れ金額に充当することができます。

 

貸金業者において5年以上の借り入れ取り引きを継続している人の場合には、過払い金が発生している可能性が高いと言われています。

 

過払い金を返還するための請求を行うためには、プロの法律家である弁護士や司法書士に依頼することが最適であると言えます。弁護士などに過払い金返還請求の依頼を行うと、それぞれの貸金業者に対して依頼を受けた旨を通知します。

 

貸金業者と交渉を行って過去の取り引き履歴を開示させると共に、法定金利に基づいて引き直し計算をすることで、払い過ぎている利息の金額を算出します。払い過ぎている利息分の金額の確定が行われると、それぞれの貸金業者に対して返還の交渉をすることになります。

 

貸金業者が返還に関してすぐに応じないケースにおいては、裁判所へ訴訟を提起することも可能です。それぞれの貸金業者が返還に応じたときには、合意書を取り交わすことで契約を行います。

 

指定されている日時までに払い過ぎた利息分について、入金されるか監視することで入金を確認したところで手続きが完了となります。訴訟に発展したときには、裁判所において和解の交渉を行うことになります。