過払い金 延滞

延滞している借金の過払い金について

 

過払い金の請求に関して借金の返済を延滞していると、請求することを悩むことがあります。基本情報として借金を延滞すると、遅延損害金がかかるので、通常よりも高い利息を支払うことになります。

 

こうして考えると、通常よりも大きな過払い金が発生している可能性もあります。もちろん、この状況でも過払い金を請求することは可能なので覚えておきましょう。過払いというのは法律を超えている金利の利息を支払っていることです。

 

返済が遅れていないなら、通常の金利が法外であり、その利息を取り返すということになりますが、返済が遅れている場合は遅延損害金の利率も法外になっているなら、その金額は取り返すことができます。

 

必ずしも、返済が遅れていることで過払い金を取り戻すことができないということはないので、専門家に相談をしてみるとよいです。流れとして、過払いを請求するには取引履歴の開示から金利計算、そして手続きへと移行します。

 

この一連の流れから結果が出るまでに半年ほどかかることが多いです。過払い金を請求するとなった場合、自分で一連の作業をするのか、専門家に任せるのかで迷うことがあります。ポイントになることは知識と時間です。

 

専門家に任せるとお金がかかるので迷うものですが、自分で過払い金を請求するために必要なことは何よりも準備をするための時間があるかどうか、そして知識があるかどうかです。

 

裁判で争う形になると、答弁書に対して理論から反論しなければなりません。やはり、素人が弁護士相手に法律で勝負するのは難しいです。こうして考えると、費用がかかっても専門家に依頼するほうが大きなメリットがあります。

 

専門家に依頼するなら信頼できる法律事務所を探しましょう。二次被害というケースが少なからずあるので、まずは法律事務所を探すことから始めるとよいです。そして、過払いについて一度相談をしてみて、信頼できるかどうかを判断するようにするとよいです。