過払い金 相談

過払い金の相談はお早めに

 

浪費やギャンブルなど様々な理由によって、消費者金融業者などの貸金業者から融資を受けることがあると思います。貸金業者から借り入れを行っているときには、過払い金が発生している場合があります。

 

過払い金とは利息制限法で定められている金利である年率15%から20%の上限金利を超える利息が付けられているときには、法律で決められている利息を超える部分の支払いを行っていたときには、その部分については過払い金であると判断されます。

 

過払い金に関しては弁護士や司法書士に相談することによって、貸金業者と交渉することが可能で取り戻すための過払い金返還請求の手続きをすることができます。

 

他の債務整理の方法を用いた場合には、手続きを完了させた際に信用情報機関においてブラックリストの登録がされることになりますが、過払い金返還請求を行ったときにはブラックリスト登録がされることはありません。

 

過払い金返還請求を行うことによって払い過ぎている利息分が戻ってくる可能性がありますし、現在においても借金の元本が残っているときには、残された債務について払い過ぎた利息分の支払い金額を充当することもできます。

 

債務整理に関しては弁護士や司法書士に相談することが可能で、近年では無料相談を実施している法律事務所も数多くあります。直接的に法律事務所を訪れる時間的な余裕がない人の場合であっても、電話やメールで相談することも可能です。

 

正式に法律相談の依頼を弁護士などの法律の専門家に依頼したときには、過去の貸金業者における借り入れの取り引き履歴を開示してもらうことになり、それによって利息制限法に基づいた過払い金についての算出を行います。

 

払い過ぎている利息分があるときには、それを取り戻すためにそれぞれの貸金業者に対して返還を直接的に交渉することによって和解の契約を行います。

 

取り戻す作業については貸金業者との交渉次第ということになりますので、経験や知識を豊富に持っている弁護士などに依頼することによって、取り戻すことが可能な金額が変わってくるということになります。