過払い金 計算方法

過払い金の計算方法

 

過払いを請求すると、過度に支払いすぎた利息を返してもらうことができます。こうしてお金を返してもらうことができると、借金を返済しやすくなります。過払い金の請求をするためには金利計算しなければなりません。

 

金融会社からどのくらいの期間で、どのくらいの融資を受けて、利息はいくら支払っているのか、これを算出していくのが金利計算です。この作業は今までの取引すべてを見なければなりません。

 

長い年数金融会社と関係がある人は膨大な量から過払い金を算出することになります。まず必要となるのは過去の取引の履歴です。これがなければ過払い金を算出できません。

 

過去の取引履歴というのは自分が利用している金融会社にもらうことになります。普通にインターネットバンキングなどから過去の取引履歴を見ても、過去数か月分ほどしか見れないこともあるので、書面として過去のすべての取引履歴をもらいましょう。

 

金融会社に自分で履歴をほしいといってもくれないケースもあるので、その場合は専門家に任せるとよいです。金融会社は必ず取引履歴を開示しなければなりません。こうして取引履歴を用意することができると、いよいよ金利計算となります。

 

方式さえ知っていれば自分でも過払い金を確認することはできますが、きっちりとした金額を知りたいなら専門家に任せるほうが確実ですし、スピードが速いです。推定でもよいなら大雑把に自分でも過払い金の有無を確認することは可能です。

 

しかし、計算をしてから過払い請求をするという流れを考慮しても、やはり専門家にすべてを任せておくほうが現実的です。自分で過払い請求をするのは知識が必要ですし、手続きに関していろいろと時間がかかります。

 

生活が忙しいなら非現実的な手段となるので、費用がかかっても専門家に依頼するほうが楽ですし、何よりもスピードが速いです。まずは、専門家を探して無料相談を受けてみるとよいです。具体的な話を聞くことができます。