過払い金 グレーゾーン金利

過払い金とグレーゾーン金利

 

最近、良く見えにするようになった過払い金問題ですが、キャッシングやローンを組んだことのある方なら、誰でも可能性はある身近な問題なのです。この過払い金の問題は、そもそもグレーゾーン金利があったから発生しました。グレーゾーン金利とは、金融に関する2つの法律の抜け目をついた問題です。

 

以前の貸金業法では条件を満たせば年利29.2%以下であれば認める記載がされていました。しかし、もう一つの利息制限法では元本が10万円以下の場合は年利20%、元本が10万円以上100万円未満だと年利18%、元金が100万円以上だと年利15%と決められていました。

 

この金利制限法以上貸金業法以下の金利を、グレーゾーン金利と呼んでいました。このゾーンの金利は、悪質業者だけでなく、大手の消費者金融やクレジットカード業者でも設定しており、かなり多くの方が対処になっていると思われます。

 

現在では貸金業法の金利の項目は廃止されました。ですので、金利制限法内の金利で決まっています。このグレーゾーンの金利は違法であるとはっきりと認められたので、過去に支払った分も返還を要求する金利があります。法律が改正されたのが2010年6月です。

 

それ以降のキャッシングなどは、正当な金利です。しかし、それ以前の場合は過払い金が発生している可能性が非常に大きいです。ですので、支払ってしまった分、さらにはもう完済してしまった分を含めて、今一度年利がどうだったのかをチェックしてみる必要があります。

 

しかし、この過払い金を請求するにも時効があります。完済してから10年経つと請求の権利が消滅してしまいます。契約してからではなく、全額返済し終わってからです。せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、まずは契約書などで確認することをお勧めします。

 

もしグレーゾーン金利であり、時効にもなっていない場合は、速やかに請求しましょう。また、専門家による相談会などもあるので活用するのも1つの手です。